AND OR

九十九里地域水道企業団
トップページ > 業務の概要│耐震化状況

業務の概要

資料はPDF形式のファイルとなっております。
右クリックして対象をファイルに保存してご利用ください。

水道施設の耐震化状況について

水道施設の耐震化計画

 平成7年に発生した兵庫県南部地震以降、数年毎に震度6強を超える地震が各地で起こり、水道においても断水を伴う被害が発生しておりました。
 このような状況に鑑み、当企業団では平成19年度から平成22年度にかけて、施設の耐震性能を評価する耐震診断を行い、平成23年9月に「水道施設耐震化計画書」を策定しました。
 現在は、平成24年度から平成33年度までの10年間の中期計画に基づき、施設の耐震化を図っております。

水道施設の耐震化の取組状況


施行年度 事業内容
平成25年度 光浄水場浄水池耐震補強工事【H25・26年度継続工事】
東金浄水場浄水池耐震補強工事
九十九里地域水道企業団新庁舎建設工事【H25・26継続工事】
平成27年度 東金取水場取水流量計室及び接合井耐震補強工事
東金取水場沈砂池及び取水ポンプ井耐震補強工事
東金取水場取水流量計室伸縮可とう管設置工事
東金取水場接合井伸縮可とう管設置工事
長柄浄水場(Ⅱ)排水池及び濃縮槽耐震補強工事
平成28年度 光取水口及び取水場沈砂池耐震補強工事
光浄水場浄水池No.1ポンプ井耐震補強工事
光浄水場急速ろ過池耐震補強工事
東金浄水場沈砂池伸縮可とう管設置工事
東金浄水場2系薬品沈澱池耐震補強工事(その1)
東金浄水場2系急速ろ過池耐震補強工事
東金浄水場排水池及び排泥池耐震補強工事
平成29年度
光浄水場薬品沈澱池耐震補強工事(その1)
東金浄水場2系薬品沈澱池耐震補強工事(その2)

浄水場・管路の耐震化状況(平成28年度末現在)


施設区分 耐震化率
耐震適合率
算出方法
浄水場 0% 耐震対策の施されている浄水施設能力/全浄水場施設能力
(0㎥/194,100㎥)
管路 68.3% 耐震適合性のある管路の延長/管路の総延長
(58461.79m/85582.52m)